宮城のSAKUだっちゃ
宮城の情報を発信中
川崎町

【川崎町】「山賊カレー」は「LAP・LAND」・「森のキッチン」の衝撃カレー?

今回は、川崎町笹谷街道(国道286号線)の枝道沿いにある「LAP・LAND」「森のキッチン」で食べた「山賊カレー」を紹介します

LAP・LAND(ラップ・ランド)とは
  • 宮城県川崎町から通称笹谷街道(国道286号線)を山形方面に向かい、右手にキッズファーム川崎が見えてきたら通り過ぎて間もなく、右手に「山賊カレー」の看板が見えます。
  • 国道から看板通り山道に入って行くと「LAP・LAND」と駐車場があります。
  • 工房LAP・LANDはハンドメイドログハウスの製作・販売もしています。
  • 工房の向かい側にレストラン「森のキッチン」があります。
  • ジャンルは洋食、カレーライス。
  • ロケーションはログハウスレストラン。
  • 家族、知人、友人、デート等で利用できます。

おすすめポイント

  • ログハウスの木の温もりを感じながら食事が出来る
  • 北川の流れと紅葉を眺めながらゆっくりと食事が出来る
  • 天気の良い日はテラス席が気持ち良い
  • 山賊カレー、山賊ピラフはボリューム満点

国道から枝道に入ります

川崎町から国道286号線を走り、「山賊カレー」の看板が見えたら右折して枝道を走って行きます

枝道は国道286号線に繋がっているので、国道を走っていて看板を通り過ぎてしまった場合は、枝道の反対側から入ってこれます

枝道は、舗装されているので安心して通行できます

山の中に突然家が現れる感じ。。。ドキドキしますね

紅葉は終わりでした

周囲の山々は、紅葉が終わりに近づいていて、葉が落ちた所が多かったので残念でした

葉が落ちた木が多くなってます

赤が少し残ってた所をパチリ

マンホールの蓋発見

道の真ん中で、絵が入ったマンホールの蓋を見つけました

調べて見たら、町の獣「カモシカ」の周りに町の木「ドウダン」町の花「シャクナゲ」のデザインで

「かわさきまち」の文字が入っていて、川崎町の「汚水管マンホールの蓋」でした

山の中では、中々見れることがないので、得した気分です

店の外観

ログハウスの三角屋根が特徴で、この建物から「山賊カレー」はイメージできなかった

店の看板、手すり、木彫りの置物、手作り感満載です

熊の子供が熊注意の看板をもっていますね

ポチ

くまったワン!

店内のようす

店のドアを開けるとすぐに、「熊出没危険」の看板と「猟銃の写真」が目に入ります

ログハウスの雰囲気満載で、外の景色を眺めながら食事を楽しめそうです

店の中はランプが用意されていたり、山小屋風になっているのが良いですね

ログハウスの製作販売もしているので、壁にはログハウスの写真が多く貼られていました

今年はまだ、薪ストーブに火は入っていないけど、山小屋には欠かせないですね

工房ラップランドの公式サイトでログハウスをご覧ください 

工房ラップランド公式サイト ▶

neko

メニューは 次ページへどうぞ


1 2

POSTED COMMENT

  1. 食べても食べても減りません、て凄いですね~!
    カレーがダムのよう、と言うのも頷けますね( *´艸`)

    ホっと一息、珈琲は食後の締めに欠かせませんね(´ェ`)

コメントを頂けると励みになりますので宜しくお願いします。