宮城のSAKUだっちゃ
毎日が新しい発見で楽しいです
障子貼り替え

障子の貼り替え方

年末になると新年の準備で色々忙しいと思いますが、そのうちの一つとして障子の貼り替えがあります。

専門業者に頼むのが楽ですが、自分でも出来るので我家でやってる事を紹介します。

準備品

まずは、準備するものがありますが、ホームセンターですべて揃います。

  1. 障子紙・・・・・・・・サイズは貼り替える障子より少し大きめにします。
  2. 障子枠の洗剤・・・・・障子紙を剥がすと同時に枠を綺麗にします。何枚分使用出来ると書いてるので、貼り替える枚数に合わせて購入します。
  3. 障子用のりと容器・・・専用のりだと楽です。何枚分使用出来ると書いてるので、貼り替える枚数に合わせて購入します。容器は家にある古いタッパーで充分です。
  4. カッターナイフ・・・・専用のカッターだと安全です。
  5. カット定規・・・・・・アルミ直定規1m程度があると楽です。
  6. 仮止めテープ・・・・・障子紙に同封されています。
  7. 霧吹き・・・・・・・・仕上げに使います。(無くても良い)
  8. タオル・・・・・・・・障子枠を掃除する時に使用します。
  9. 敷物または新聞紙・・・貼り替える時に下に敷くものを準備する。
  10. 障子を持ち歩く通路は確保して置くこと。

障子紙剥がし

  1. 障子を外す前に、障子の上隅に番号を振ります。これは、戻す時に順番が分かるようにするもので、数字を1、2、3、4と振ります。家の中から見て左側を1と決めます。
  2. 障子を外して外のデッキに持ち出し、横にしてから「障子枠の洗剤」をたっぷりと障子枠につけます。
  3. 5分程度時間を置いてから紙を剥がします。
  4. 枠に残ったカスは剥がした紙で丁寧に取り除きます。

障子を横にする

市販の障子枠の洗剤

障子枠にたっぷり付けます

障子枠全体に洗剤を塗ります

時間を置くと剥がし易くなります

剥がした紙で残ってるカスも取り除く

障子紙無しの障子枠から見える葉ボタン

ポチ

これは関係ないワン!

障子紙貼り

  1. 紙を剥がし終えた障子枠は、乾かしてから新しい紙を貼る準備をします。
  2. 障子紙の袋に入っている仮止めテープを取り出します。
  3. 障子紙を障子枠に合わせて1度全体に広げます。
  4. 取ってのある側を基準に揃えてから枠の端を仮止テープで仮止めします。
  5. 余ってる部分を正規の幅より大きめにカッターで切り取ります。
  6. 広げた紙を、仮止めした側に丸めて戻します。
  7. 障子枠に糊を満遍なく付けます。
  8. 糊はすぐに乾かないので、焦らずにきっちり糊付けます。
  9. 糊付け忘れが無いか確認した後、障子紙を広げます。
  10. 余分な部分は、すべてカッターで切り取ります。

紙を剥がし終えた後の状態

付属の仮止めテープは重要です

端を仮止めテープで固定

saku

この仮止めテープはとても重要です

市販の障子のりを障子枠に均一に塗りつけます

刷毛で糊付けします
糊が落ちても良いように敷物が必要
neko

糊の付け過ぎはダメです

余分な部分はアルミ直定規とカッターで切り取ります。

糊付けが多かったり、古いカッターだと上手に切れないので注意が必要です。

長い定規を振り回して貼り終えた障子紙に穴を開けないように注意します。

完成

  1. 準備の時に書いた番号順に戻していきます。
  2. 最後に障子枠についた余分な糊を取り除きます。

今年も無事に障子貼り替えが終わりました。

まとめ

  1. 事前に準備するものを確認して、不足なものは購入して置く事。
  2. 障子を持ち歩く通路は確保しておく事。
  3. 障子を外した枠の順番は目印を付けて置く事。
  4. 障子枠洗剤はたっぷり付けて、時間を置く事。
  5. しっかり乾かした後で、障子を貼る事。
  6. 糊付けは焦らず慎重に行う事。
  7. カッターの刃先は新品を使用する事。
  8. 貼り替えた紙に穴を開けないように注意する事。

コメントを頂けると励みになりますので宜しくお願いします。