宮城のSAKUだっちゃ
宮城の情報を発信中
仙台市

【仙台市泉区】薪火レストラン禅ZENの「炎の料理屋」を紹介します

久しぶりに泉ヶ岳方面をドライブしながら、ランチ場所を探すことにしました

泉ヶ岳とは、山頂に泉ヶ岳スキー場がある山です

市街地からスキー場への1本道を走ると、途中に店が何ケ所かあるけど、どの店も混んでたので泉ヶ岳スキー場に向かってどんどん登っていくと、周囲に建物が無くなってきた所でポツンと一軒家で「のれん」が出てる店がありました

それが、何屋か良く分からない「薪火レストラン 禅」で、そこで食べた初めての料理を紹介します

Fire Bonfire Campfire Firewood  - geraldkroiss / Pixabay

薪火レストラン禅とは
  • 仙台市泉区根白石から泉ヶ岳スキー場に向かって山を登って行くと蕎麦屋さんとか店がありますが、店が途切れる区間があって左側に突然一軒家レストランが見えてきます
  • ロケーションとしては、一軒家レストランです。
  • ジャンルは懐石料理。
  • 料理中は薪の炎が大きくなる場合があります。
  • 駐車場は店の前にあります。
  • 席はカウンター6席。
  • 知人、友人、デートで利用きます。
  • 事前予約がオススメです

外観

店には「ラーメン」とか「蕎麦」とかの看板は見当たりません

白い布が垂れ下がっているだけです

青空に建物は映えていますが、何屋さんなのか不安のまま店の中へ。。。

入口のドアにメニュー表が貼られていて「予約の為終了しました」って書いてあったので

予約でしか入れないと勘違いして、諦めて帰ろうとしました

しかし、よく見ると料理の1種類だけが終了みたい

何屋か分からない店だし、意味不明な貼り紙もあるし、客の事は考えない自己中の怪しい店か?。。。

大丈夫だワン!

店内のようす

カウンター席に案内されて、カウンターに貼ってる案内をみると

「※ラーメン屋ではありません」って書いてあるので間違える人が多いって事ですね

以前は「麺匠独眼流」というラーメン屋で別な場所で営業していたそうです。。。

だからかぁ~

厨房では、メイン料理用に「ガスの火」では無くて、名前のとおり「薪の火」を使用していますが、たまに「大きな炎」が出て驚きます(鍋は「ガスの火」を使用)

店内では他の客もいましたが、シーンとして緊張した空気に包まれて、燃え上がる炎を見てます

合計で6席以上の人数になる場合は、席が余っていても店には入れないようです

待合室も椅子もないので、車の中で待つしかないけど。。。

車の中は楽で良いよ

メニュー

ランチメニューは3種類で、「禅の薪火ランチコース」は既に終了していました

ランチメニューは3種類

〇 禅の薪火中華そば     1,000円

〇 お試し禅コース      1,800円

〇 禅の薪火ランチコース   3,300円 ※予約で終了 

neko

食事紹介は 次ページへ 


1 2

POSTED COMMENT

  1. ホントにちょっと、と言うか、大分入るのに躊躇してしまう雰囲気ですね(;´∀`)
    それにかなりお店のルールがあるような気もして…でも飛び込んで正解ですね!

    炭火とかって遠赤外線効果でお料理が美味しく焼きあがる、と言いますよね(´ェ`)
    周りはカリっと、中はジューシー…なんて素敵な焼き方!ですね(´艸`)

コメントを頂けると励みになりますので宜しくお願いします。